特集☆同人誌印刷お役立ちガイド

トップ > 同人誌の印刷について > 同人誌を印刷してもらうならプロに

同人誌を印刷してもらうならプロに

 頑張って描いた漫画を個人的に本にしたいなら、自宅のプリンターで印刷して、紙をホッチキスで綴じれば完成です。
誰かに見せるのが目的でなければ、そのような簡易的な本でも十分な方も多いでしょう。
しかし、同人誌として他者に売却することを考えるのなら、自宅でプリントアウトしたものではクオリティーが低すぎます。
見た目は購買意欲に直接働きかけるものなので、同人誌の販売会に参加するときは、プロの業者に印刷してもらったほうがよいでしょう。
プロの印刷業者なら、書店に並んでいるような本格的な本に対応しているため、売り物として恥ずかしくないクオリティーの同人誌を作ってもらえます。
もちろん、白と黒だけではなく、さまざまな色のカラー印刷にも対応するため、全編フルカラーの同人誌を作ってもらうことも可能です。

 同人誌の作成に力を貸してくれる印刷業者はたくさんありますが、できることならば、同人誌に理解があるところに頼んだほうがよいでしょう。
普通の印刷業者にはないようなサービスを提供してくれるので、イベントに向けて忙しい時期の心強い味方になってくれます。
たとえば、普通の印刷業者の場合は、データを入稿する場合は、有名な写真作成ソフトやイラスト作成ソフトの形式にしか対応していない場合が多いです。
しかし、同人誌に理解のあるところだと、それ以外にコミック作成ツールのデータをそのまま入稿できるようになっています。
また、イベントに合わせた締め切りが公式サイトに掲載されているのもメリットです。
そこにある締め切り日時まで、きちんとデータを入稿すれば、確実にイベントに間に合わせられます。

 現在の同人誌に対応した印刷業者のほとんどは、手渡しでのデータ入稿ではなく、オンラインを使ったデータ入稿が行えます。
もちろん、注文自体もオンライン上から行えるので、遠方の安くて利便性の高い印刷業者を選ぶこともできます。
ただし、遠方を選ぶ場合は、宅配日数がかかるため、そちらも計算した上でイベントに間に合うように注文しましょう。
なお、大型のイベントの前は、印刷馭者が混雑するため、断られることがないように早めの注文をオススメします。
多くのところで、早期注文による割引サービスが用意されているので、余裕を持って注文すれば、同人誌を安く作成することが可能です。
逆に、特別料金を支払えば、納期を早めてくれるサービスもあるため、間に合わなさそうなら躊躇せずに利用しましょう。

次の記事へ

先頭に戻る