エンジニアのスクールにかかる費用について

無料で通えるエンジニアスクールというのもあって、それはおすすめです。未経験からエンジニアになる場合ははっきり言ってしまえば独学でもまったく問題ないですし、少し勉強して、あとは会社で実践というようにもできます。プログラマーは人手不足なので、それでも複数の会社を受ければ取ってもらうことができるでしょう。プログラマーの会社は良くないというイメージを持たれがちですが、会社によります。未経験で入れる会社というのはたしかによくないものの可能性が高いでしょうが、プログラミングスキルが身に付けばまた転職するようなことも可能ですし、個人でプログラマーの仕事をすることも可能になります。スクールで身に付けても個人でやってもはっきり言えばどっちでも良いでしょう。

学校で学ぶというメリットはなにか

基本的なプログラミングの学習というのはインターネット上にも情報が多いので、それで学べば良いですし、環境の導入もパソコン一台あれば容易です。なので自宅でやっても良いですし、学校で勉強してもたいして変わらないでしょう。そこから伸びていこうと思えば、結局は自分でプログラミングを学習することになります。変化の激しい技術ですし、勉強の面もあればものつくりの面もあるので、とにかく実際にやってみるということが重要だからです。基本的なロジックを身に付けるということをすれば、あとはどんどんシステムを作っていくということになります。携帯のアプリでも良いですし、ゲームなどでも良いです。学校のメリットはバグの解消でしょう。詳しくは後述しますが、ここがもっとも難しい点です。

プログラミングは好奇心を持って取り組む

プログラミングを上達させるためには、まずは基本的なことを学校やインターネット上の情報で身に付けるということが重要なのですが、そこからは実践が重要です。環境の構築方法や、具体的にどのように進めれば動く物が完成するのかというのはインターネットや書籍でも見ることが可能です。しかし、覚えるというタイプの学習はあまりおすすめできません。作ることの方が重要で、方法も大量にあるので、その都度自分が調べて選択するということになります。プログラミング言語はコンピューター言語と人間の言語の間に人間が作ったものなので、暗記するようなものでもありません。ゲームのルールのようなものです。そして、つまずくところはデバッグでしょう。バグが多くてやる気がなくなりますが、学校ではそれを手伝ってもらえます。