エンジニアになるためのスクールの特徴やメリットなどの解説

エンジニアのスクールは、製造現場などで開発に携わる仕事に就職する前に学ぶことができる学校です。開発の仕事は多くの人が、一度は憧れる仕事の一つかもしれません。特に近年はIT分野の人材募集が顕著でもあり、特にスマートフォン向けのアプリ開発などでの人材募集が目立ちます。開発は一方ではモノづくりを支える側面もありますが、未経験の人が誰でもなれるという訳ではありません。学校に通ってトレーニングを受けることでなることが可能で、開発現場で活躍するためにはトレーニングからスタートするのが一般的です。そのトレーニングを受ける中で、向いているか否かも判断でき、しかももともと持っていた才能を開花させることもできます。キャリアステップを目指す方の受講が多いのも特徴的で、過去に開発の仕事と関係がない引越業者・カフェ店員・モデル・営業といったジャンルの方でも活躍できたりします。

なぜそういった学校が必要とされるのか

エンジニアのスクールは、開発のスキルを学べる学校ですが、開発分野は花形であるのと同時に、経験やスキルを必要とします。つまり大多数の方が経験やスキルが存在しないため、その時点で諦めるのが一般的です。しかしモノづくりの現場自体は人手不足の実態もあり、猫の手も借りたい状況にあるのは本音です。そのため、ITに興味ややる気もあり、チームワークを重視する人柄、マナーとして無断遅刻や欠勤をしない方であれば、人材登用の道を拓いている点があります。つまり実績がないからという理由で諦めた希望者の眠っている才能、スキルがあれば、それを積極的にトレーニングすることで導き出し、開発の仕事に活かそうという理由が存在します。もちろん受講する上では応募資格があり選考による合否がありますが、受講開始されれば就業できる一人前になるまでトレーニングが行なわれるメリットも存在します。

受講費や教材費は無料で交通費の支給もある

エンジニアのスクールで学習する中では学校に通う形であるため、本来なら受講費や教材費がかかるのが当然です。ところが将来の就業までも視野に入れているため、特待生のような形で学習できるシステムが構築されています。そのため学習する中での料金が一切かからず、しかも通学する形で学習しますが交通費は申請すれば支給される制度を実現しています。つまりITの学校の様に莫大な料金がかからないとする制度となっています。もちろん学習していき最短一ヶ月で入社を目指す形になりますが、入社後も研修などのフォローも充実し、理解度に応じて業務を遂行する流れとなり、仕事として活躍することも可能です。この様に研修から就業までシステムが確立している点で、珍しい企業で開発分野の人手不足を解決するために活用される取り組みの一環として期待されます。